経営移譲支援

農業経営者の方のスムーズな経営移譲をサポートします。

概略

経営移譲とは家族に移譲するだけではありません。

現在農業経営者の高齢化が進んでいます。そこには、後継者不足という問題が大きく影響しています。

後継者のいる方は良いのですが、後継者のいない方は、所有する農地をどうするかが大きな問題となります。

経営移譲は、思い立っても簡単にできるものではありません。後継者はだれにするのか、後継者として任せる方に農業経営の資質はあるのかを見極めるなど時間をかけて準備しなければなりません。

農地には、農地法という特別な法律があり、また、相続により取得した農地について納税猶予の特例を受けている場合にはその扱いに十分注意をしなければ、大きな税負担が生じることもあります。

所有する農地の利用方法等を検討し農地という財産を守りながら、法人等を利用した後継者への経営移譲等を検討しアドバイスしてまいります。

経営移譲支援の特徴

後継者がいらっしゃらない場合には、後継者をどのように見つけ出すか、また、どう見極めるか、後継者がいらっしゃる場合には、いつバトンタッチするか、経営移譲の方法をどうするかなどのご相談から始め、経営移譲後に、経営者としてやっていくために必要なこととは何かなど、経営移譲するためのスケジュールを立て、スムーズに経営移譲し、健全な経営が行えるようサポートしてまいります。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、千葉県及び関東近県
お客様の状況とご要望によりますので、首都圏以外のお客様も内容をお聞かせください。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。