相続対策

市街化農地を持つ都市農家の皆様の相続対策をサポートします。

概略

農業において農地を確保することは経営上必要不可欠なことです。特に市街化農地を

所有する生産者にとって市街化農地の取扱の仕方によっては、多大な税負担が生じてしまうことがあります。

バブルのころと比べれば農地の評価額はかなり低くなっています。

しかし、相続税法の改正により基礎控除額が40%減少し、いままで相続税がかからなかった方たちにも、相続税が課税される可能性が高くなってきます。

特に、市街化農地を所有している方については、相続が生じた場合、農地をどのように相続するか、また、農地をどのように取り扱うかで相続税の負担が大きく異なってきます。

相続が起きる前に対策を行うことにより、相続税の負担を軽減するための対策を講じ、農業経営を次世代に円滑につなげるよう支援いたします。

相続対策の特徴

まずは、現状の把握として、相続税が発生するかの試算を行います。現在の相続税評価額はどの程度なのかを算出し、その結果を基に今後の評価額の推移を予想。

農業に限らず、児島会計コンサルティンググループでは、相続税をはじめとする資産税に詳しいスタッフにより税負担をいかに軽減するか、また、相続が争続とならないような対策を検討、シミュレートし、最善の対策をご提案いたします。

期間・費用の目安

詳細な業務内容及びスケジュールは個別にてご提案させていただきます。

皆様の状況・ご要望に合ったご提案をさせていただきます。

対応エリア

原則として、千葉県及び関東近県
お客様の状況とご要望によりますので、首都圏以外のお客様も内容をお聞かせください。

担当スタッフがお答えさせて頂きますので、お気軽にご相談ください。